FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 110816_『御祭騒ぎ』コード分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://lkjsdf.blog106.fc2.com/tb.php/125-59b39f27
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 飼い猫が手を噛むので

Home > スポンサー広告 > 110816_『御祭騒ぎ』コード分析

Home > 音楽 > 110816_『御祭騒ぎ』コード分析

110816_『御祭騒ぎ』コード分析

  • Posted by: ㈲pei
  • 2011-08-16 Tue 13:26:45
  • 音楽
今日コード分析をしたのは東京事変の『御祭騒ぎ』という曲です。
高校時代に無謀にも東京事変の曲をバンドでやろうという話になり、そのときに買ったバンドスコアが家にあったので、今回は耳コピする手間がはぶけました。

アレンジやコードのボイシングが工夫されているので全くそれを感じさせませんが、イントロやAメロは意外にもほぼ1コードで構成されています。
サビの進行が非常に曲者でして、ダイアトニックコード以外の和音が沢山出てきます。サビのコード進行の前半はルートがクロマチックで下降する進行になっていて、いきなりダイアトニックコードには無い♯Ⅳm7(-5)といのが出てきたり(難しく感じますが実はダイアトニックコードであるⅣ△7のルートが半音上がっただけだったりします)、お次はサブドミナントマイナーだったり、結構こっています。ラテンっぽいピアノのリフが入っていたりする曲なので、もしかしたらラテン系の曲では良くある進行なのかもしれませんが、詳しくは分かりません。サビの進行の後半は前半に比べるとシンプルで、ツーファイブからのⅠ△7など、割と良く見かける進行です。



本当に、楽譜が無かったら耳コピしようと考えもしなかった曲ですが、とても勉強になりました。ついでに高校時代、はじめてライブハウスに出たときに演奏したのが、『群青日和』や『透明人間』でした。もちろん今思うとボロボロの演奏でしたが、いい思い出です。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://lkjsdf.blog106.fc2.com/tb.php/125-59b39f27
Listed below are links to weblogs that reference
110816_『御祭騒ぎ』コード分析 from 飼い猫が手を噛むので

Home > 音楽 > 110816_『御祭騒ぎ』コード分析

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。